Home >> アジア最終予選結果 >> 勝った(第5戦、サウジアラビア戦)
Page: 2/29 << >>

勝った(第5戦、サウジアラビア戦)

B組3位の日本は、現在1位のサウジアラビアとの対戦でした。
マスコミは、本田圭祐、香川真司がスタメン外れるか?
などと騒々しいですが、日本はやる時はやる!と思いますよ、わたしは。


これがひとまわりの最終戦、1位対3位の対戦です。
日本が負けると、勝ち点差が6になります。
ここは、ホームですし何が何でも勝つ必要がありますね。


試合は立ち上がりから、日本のペース。
パスはよく通るし、ゴール前まで攻め上がります。
シュートのよく打ち、すぐに点が取れるんじゃないかと思っていました。
しかし、なかなか取れません。


そうこうするうちに、前半は、0−0のまま終了。
かと、思われましたが、相手選手のPA内でハンドの反則で日本がPKを得ました。。
清武弘嗣が難なく決めて、日本1点先制です。
前半終了間際という、いい時間帯での先制です。


相手の攻撃が今ひとつなので、このままでいけば勝ち。
しかし、日本は後半バテて失点が多いので、あと1点とれば安泰だろうと思いましたよ、わたしは。


後半、35分、原口元気が2点目を取りました。
きれいなシュートでした。
これで今日は勝ちと確信しました。


45分、サウジアラビアに1点取られましたが、何が何でも勝つということが出来ました。
公式戦は、試合内容より何が何でも勝てばいいのです。


現在調子の良い選手を出す。
このことが勝因じゃないでしょうか、この試合の勝因は。


2位オーストラリアが、タイにまさかの引き分け。
日本は、出場権2位に位置しました。
サッカーは、やはり何が起きるか分かりませんね。

 


2016年 11月15日(火) 19:35 日本 2−1 サウジアラビア (埼玉)


大迫勇也
原口元気  清武弘嗣  久保裕也
山口蛍  長谷部誠
長友祐都  森重真人  吉田麻也  酒井宏樹
西川周作


得点:清武弘嗣(前半45分=PK)、原口元気(後半35分)


交代
後半開始から 久保裕也→本田圭祐
後半19分 清武弘嗣→香川真司
後半48分 大迫勇也→岡崎慎司

 


※B組、試合結果(11月15日)
タイ 2−2 オーストラリア
UAE 2−0 イラク
日本 2−1 サウジアラビア


※順位、勝ち点、得失点差、成績
1.サウジアラビア 10、4(3勝1分け1敗)
2.日本      10、3(3勝1分け1敗)
3.オーストラリア  9、3(2勝3分け)
4.UAE      9、1(3勝2敗)
5.イラク      3、−2(1勝4敗)
6.タイ       1、−9(1分け4敗)


※次ぎの試合、2017年3月23日
タイvsサウジアラビア
イラクvsオーストラリア
UAEvs日本


※3月28日
日本vsタイ
オーストラリアvsUAE
サウジアラビアvsイラク

 

 

wcr18 | comments(0) | - | pookmark | category:アジア最終予選結果
Home >> 日本代表 >> 日本代表 メンバー(最終予選サウジアラビア戦)

日本代表 メンバー(最終予選サウジアラビア戦)

アジア最終予選、サウジアラビア戦(11月15日、埼玉スタジアム)のメンバーが発表されています。

GK
西川 周作(浦和レッズ)
東口 順昭(ガンバ大阪)
川島 永嗣(FCメス/フランス)

DF
酒井 宏樹(オリンピック・マルセイユ/フランス)
酒井 高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)   
長友 佑都(インテル・ミラノ/イタリア)
槙野 智章(浦和レッズ)
吉田 麻也(サウサンプトン/イングランド)
森重 真人(FC東京)
丸山 祐市(FC東京)
植田 直通(鹿島アントラーズ)

MF
長谷部 誠(アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)
山口 蛍(セレッソ大阪)
井手口 陽介(ガンバ大阪)
永木 亮太(鹿島アントラーズ)
香川 真司(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)
清武 弘嗣(セビージャ/スペイン)
小林 祐希(SCヘーレンフェーン/オランダ)

FW
本田 圭佑(ACミラン/イタリア)
浅野 拓磨(VfBシュツットガルト/ドイツ)
原口 元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
齋藤 学(横浜F・マリノス)
大迫 勇也(1.FCケルン/ドイツ)
岡崎 慎司(レスター・シティ/イングランド)
久保 裕也(BSCヤングボーイズ/スイス)


このメンバーは、
11月11日(金)に鹿島サッカースタジアムで行われる、キリンチャレンジカップ、オマーン戦のメンバーでもあります。

このオマーン戦で見極め、本番のサウジアラビア戦に臨みます。

前半の負けられない一戦ですね。
何かと批判の多い、ハリルホジッチ監督、正念場ですね。


※現在の順位、勝ち点
1.サウジアラビア 10(3勝1分け)
2.オーストラリア 8(2勝2分け)
3.日本 7(2勝1敗1分け)
4.UAE 6(2勝2敗)
5.イラク 3(1勝3敗)
6.タイ 0(4敗)

ここを負けると、ちょっとやばいことになりますね。

 

wcr18 | comments(0) | - | pookmark | category:日本代表
Home >> アジア最終予選結果 >> あぁ!引き分け(第4戦、オーストラリア戦)

あぁ!引き分け(第4戦、オーストラリア戦)

勝っていた試合を引き分けました。
あまりにも、コンディションが悪すぎです。

とくに、所属チームで出番のない海外チームの選手、特徴的なのが本田圭祐。

全盛期なら簡単に点取ることの出来る場面でのミスが目立ちます。
ほんのちょっとしたことであろうがうまくいきませんね。
これが、よくいわれる「試合勘」というものだろうか。

試合は、開始5分、本田圭祐からのスルーパスを好調原口元気が決めました。
幸先よいスタートです。

日本が攻めてる時間帯にあと1点、取っていればものすごく有利に試合を運べたと思います。
得点チャンスもいっぱいあったし。

後半、8分、自軍PKエリア内で、今日の得点者、原口元気が相手を後ろから押してPKを献上します。
キッチリ決められ同点です。

サッカーのよくあるパターン。
同点にしてからオーストラリアは、俄然リズムが出てきます。
20分頃からは、一方的といっていいくらいオーストラリアのリズムとなり攻めてきます。

日本は膠着状態。
ここでリズムを変えるため選手交代したらいいのに、ハリルホジッチ監督は代えません。
37分、39分になってようやく代えてきますが、遅いです。

浅野拓磨などがシュートを打っていくが、交代時間が遅く、時間がありません。
もっと早く代えていれば、何度かチャンスが出来、シュート回数も増えていたかも分かりません。

このあたりの判断力が足りないのかなぁ。
もったいない試合でした。
(アウエイだし、勝ち点1でもいいか?)


2016年 10月11日(火) 18:00(日本時間) 現地時間20:00 オーストラリア 1−1 日本 (シドニー)

本田圭祐
原口元気 香川真司 小林悠
山口蛍 長谷部誠
槙野智章 森重真人 吉田麻也 酒井高徳
西川周作

得点:原口元気(前半5分)

交代
後半37分 小林悠→清武弘嗣
後半39分 本田圭祐→浅野拓磨
後半46分 原口元気→丸山祐市


※B組、試合結果(10月11日)
イラク 4−0 タイ
オーストラリア 1−1 日本
サウジアラビア 3−0 UAE

※順位、勝ち点
1.サウジアラビア 10(3勝1分け)
2.オーストラリア 8(2勝2分け)
3.日本 7(2勝1敗1分け)
4.UAE 6(2勝2敗)
5.イラク 3(1勝3敗)
6.タイ 0(4敗)

※次ぎの試合、11月15日(火)
タイvsオーストラリア
UAEvsイラク
日本vsサウジアラビア

 

wcr18 | comments(0) | - | pookmark | category:アジア最終予選結果




お気に入りに追加

Category

Entry

PR



Supported by 楽天ウェブサービス

ランキング

ブログランキング
人気日記BLOG

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ
にほんブログ村
くる天 人気ブログランキング
ブログランキングNo.1
ブログ王ランキングに参加中!

RSS

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加


  • SEOブログパーツ

track feed サッカーワールドカップロシア大会

seo great banner

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode